ピンクコンパニオンの料金設定

ピンクコンパニオンの料金制度、これはどうなっていると思いますか?

これは会社に寄っても違いますしホテルや旅館がそれぞれに設定している宿泊パックなどによっても違いがありますが一番明確になってるのは、やはり、宿泊プランとなっているパックのものがいいでしょう。

それなら宿泊料金と1泊2日のすべての食事の料金、そしてピンクコンパニオンの宴会の料金などもすべて込みこみになっているので安心ですよね。

ピンクコンパニオンを取り扱っている宴会の達人というサイトでホテル・旅館ですべてがセットになっているタイプを選べば、これだけで幹事さんは問題なくピンクコンパニオン宴会を利用することができるので便利です。

もしこれがパックになっていなかった場合にはどうなるのかといえば、1泊2食付でまずホテルや旅館に代金を支払って、それから別にピンクコンパニオンを注文しなければいけませんからその分料金が別にかかりますし、どれくらいかかるのかがはっきりとわからないこともあるのです。

そしてそのつど支払う場合には会社によって値段の設定もさまざまなので、どこが安いのか、1泊2日の宿泊料金とプラスして予算内に収まるのかどうかなども幹事さんは確認しないといけないので大変です。

セットになっている料金制度が一番安心といえるのではないでしょうか。