お気に入りのピンクコンパニオン

お気に入りのピンクコンパニオンが既にいる人も実は多いです。

何度もピンクコンパニオン宴会をリピートしていればだんだん、自分にとってお気に入りのピンクコンパニオンというのも出てくるのです。

でもお気に入りがいるからといってそのコンパニオンを自分の私物化してはいけません。

なぜならあくまでも仕事で彼女たちは派遣されているわけですからあなたのことが好きだから来てくれているというわけではないのです。

そしてお酒も入っている席ですから、普段はアタックしない人でもお気に入りの人にアタックして連絡先を聞きだそうとする人もいると思いますがそれもやめておきましょうね。

お気に入りはお気に入りでピンクコンパニオン宴会で楽しめばいいので、プライベートなところまで足を踏み込むようなことがないようにしたいものですね。

もしもどうしても気に入ってまたあいたいと思ったのなら、指名してあげればいいのです。

頻繁にこれる距離でもないとしても、がんばって指名してあげることがそのお気に入りの子にとっても一番のメリットになりますね。

ですからお気に入りの子は、連絡先を聞くのではなくて次回また指名してあげる、それが一番の接し方なのです。